日本の心【お茶】で痩せる体質を作ろう!

日本人の心!お茶でかんたんダイエット

日本の和を思い浮かべるお茶は飲むとホッとします。

それだけで精神面にいい影響を与えています。

痩せるお茶は日本人に親しまれていて、口に入れたときの渋味と甘い後味が特徴です。

渋みの正体はタンニンという成分で強い抗酸化作用を持っていると言われています。

言い換えれば抗酸化作用はアンチエイジングです。

若返り効果を発揮するので、お肌が綺麗になります。

そして、お口もさっぱりするのでいい気持ちになります。

また、痩せるお茶にはカテキンが含まれています。

紅茶にも含まれていますが、痩せるお茶が一番含んでいます。

カテキンには医学的に体脂肪を燃焼する効果が確認されていて、特に飲んだ人では腹部の脂肪減少が見られたそうです。

そして、カテキンもタンニン同様に抗酸化作用を持っています。

その抗酸化力はあらゆるガンの発生を抑えるほど強力です。

しかし、カテキンは発酵により量が減ってしまうと言われています。

同じお茶と言う分類でも痩せるお茶に次いでウーロン茶が多く、発酵茶と言われる紅茶はカテキンが少ないです。

だから、ダイエットを考えるのなら紅茶よりも痩せるお茶を選んだほうが効果が高いと言えます。

さらにカテキンは食事から摂取した脂肪や糖が小腸に取り込まれる速度をゆっくりにしてくれます。

そのため、ダイエットに悪いとされる急な血糖値の上昇が起こりません。

私は食後に必ずコップ1杯の痩せるお茶を飲むようにしています。

急須に茶葉を入れて熱湯を入れて5分程蒸らします。

じっくりと時間をかける事で茶葉からダイエットにいい成分を抽出することができます。

急須に茶葉を入れずに茶こしでサッとくぐらせる飲み方もあるけど、お茶の良い成分を出すためには急須でじっくりと抽出することが大切です。

ダイエット効果を高めるなら急須で飲むようにしましょう。

飲み方でもう1つのスタイルがあります。それは水出しした痩せるお茶です。

ポリサッカライドという血糖値の上昇を抑える成分が水出し痩せるお茶には多く含まれています。

つまり、非常に高いダイエット効果が期待できるということです。

作り方は、容器に茶葉と水を入れます。

そして1日冷蔵庫に入れて翌日飲めばダイエットに良い効果をもたらします。